ルールとマナー

山野には走るだけでなく歩いて楽しむ人も大勢います。特に、都市近郊の里山や人気のある登山道などはたくさんのハイカーの方が楽しんでおられます。中には狭いトレイルで横を走り抜けられることに恐怖を感じる人もいるでしょう。トレイルランナーがまず認めなければならないのは、山には色んな人がいて楽しみ方は人それぞれということ。走るのが正しいわけでも歩くのが正しいわけでもありません。お互いの楽しみ方を尊重しあえるのがこれからの山岳スポーツに求められる文化であるとすれば、自然の中での楽しみ方を知っているトレイルランナーこそ率先して多様性を認め合える存在になっていくべきです。

そして、その土地ならではの自然環境があります。希少な植物をはじめとした自然環境を守り育てるためにも、定められたトレイルを踏み外すことなく、ゴミはすべて持ち帰るなど、当たり前の行動を心がけることが山野の環境を維持し人と自然が共存していくための一歩となります。トレイルランナーとしてのみならず、すべての自然を愛するナチュラリストとしての行動を心がけていきましょう。

ここに、特定非営利活動法人 四国スポーツ環境リレーション様からご提供いただいた資料を一部改変して開示いたします。トレイルランニングのルールとマナーの指針として活用いただくとともに、これからトレイルランニングを始めようとされる方への資料としてもご活用ください。

ガイドおもて

ガイドうら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください